Takuya's Web 掲示板

362181

  気軽に自由に書き込んで下さい。
 画像もアップできます(500KBまで)

 この場に不適切と思われる投稿は
 管理者により削除します。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

四国遠征 たくや URL

2016/12/07 (Wed) 21:37:24

今回の四国遠征は、
床鍋登山口から権現越~東赤石山~八巻山~物住頭~西赤石山~銅山越を
縦走して来ました。

好天に恵まれ、剣山~石鎚山まで遠望が出来き、満足の山行でした。

写真は、八巻山から続く岩だらけの縦走路。
アルペンチックで歩くのが面白い岩場が続きます。

熊棚 たくや URL

2016/11/30 (Wed) 15:28:31

後山~駒の尾山を周回して来ましたが、例年をはるかに超えた熊棚の多さに驚きました。
熊棚のある木の数を30位までは数えていましたが、余りの多さに数えるのを止めました。もちろん、幹には生々しい爪跡がクッキリ。
今まで見たことの無い多さに、熊の生息数が増えたことを実感。

熊のテリトリーに人間が入り込んでいるんだと思い、途中から、今までにない怖さを感じました。

Re: 熊棚 小村 幸治 URL

2016/11/30 (Wed) 17:53:08

今日、駒ノ尾小屋でお話をお伺いしたものです。熊棚なんて初めて聞きました。非常に興味深かったです。自然の奥深さには、知れば知るほど引き込まれます。またブログでいろいろ教えてください。山でお会いできれば嬉しいです。

Re: 熊棚 たくや URL

2016/11/30 (Wed) 18:38:26

小村さん

早速の書き込みを有難うございます。
本当に自然(山)は奥が深いです。
知らない事がまだまだ埋もれているようですね。

大峯奥駈道の一部は、平成24年10月3~4日に歩いていました。
山上ヶ岳~八経ヶ岳の周回です。

私のHPは、こんな登り方も有るのかという参考程度で、あとは小村さんのオリジナリティで楽しんで下さい。

添付写真は、後山からの縦走路の景色。
今日来て良かったと思える景色でした。

普門寺 たくや URL

2016/11/16 (Wed) 16:23:27

花の山寺 普門寺「桜と紅葉まつり」に行って来ました。
四季桜は花が少なくて、上手く撮影できませんでした。

名物 昔そばきり とても美味しく頂きました。

20日まで開催されていますよ。

普門寺 真庭市田原山上2127

氷ノ山 たくや URL

2016/11/13 (Sun) 18:22:12

兵庫県側の親水公園登山口から氷ノ山~鉢伏山縦走、
いわゆる「ぶん廻し」をして来ました。

鉢伏山登山口からは、デポしていた自転車で標高差約400mを一気に駆け下り、
親水公園登山口まで帰りました。

添付写真は、氷ノ山山頂からは久しぶりに遠望できた大山山系。

Re: 氷ノ山 - けっちゃん

2016/11/14 (Mon) 00:52:53

初めまして、11/13日に大平頭避難小屋に後から入って来た者です。
色々とお話を聞かせて頂き、有難うございました。
頂いた名刺を見てwebページ拝見しました。
色々な山に行かれているのですね!山の情報、参考にさせて頂きます。
来年は富士山0合目から行っちゃおうかな…なんてぼんやり考え始めてます(笑)

Re: 氷ノ山 たくや URL

2016/11/14 (Mon) 08:17:40

けっちゃん おはようございます。

早速のご訪問を有難うございます。
昨日は、快晴で良い山歩きが出来ましたね。
大平頭避難小屋の後は、添付写真の景色を堪能されたことでしょう。

自転車デポ地点まで歩けばOKというのは、大変気楽な気持ちになります。

私も次回は、山梨県側の富士山0合目からを考えています。

鳥帽子山 - ワンワン

2016/11/08 (Tue) 20:32:49

たくやさん こんばんわ

初めての投稿です。
いつも今週は何処の山に行かれたかなあと思いながら拝見しています。

私も3日烏帽子に登ってきました。
何年も前に落合峠~矢筈山に登ったことはありますが
寒峰からの縦走路なので気になっていた山です。
先月末四国の山友が登られていまして紅葉が良かったと聞き烏帽子に決めました。
3日は風が強くとても寒かったですが、運よく矢筈の霧氷が見れ10時すぎからは晴れ間も見えてきて良い山行になりました。
烏帽子の登山口からが分かりにくいと聞いていましたのでピストンとなりましたがどうでしたか?
祖谷に下るあたりの紅葉は素晴らしかったです。

6日は大山近辺と思っていましたが余り良い天気ではないので、又四国でした。
佐々連尾山に行きましたが予報が外れガスでさっぱりでした。大森山まで行き引き返しました。

県北の熊情報が気なり踏み出せずにおります。
その点四国は安心です。
たくやさんはいつも単独が多いですが熊対策はどのようにされていますでしょうか?

Re: 鳥帽子山 たくや URL

2016/11/08 (Tue) 21:34:35

ワンワンさん こんばんは

マイHPを見て頂いて有難うございます。

烏帽子登山口からは、落ち葉などで踏み跡が薄い所も有りましたが、前方を良く見れば大丈夫だと思います。
山頂に続く尾根に乗れば問題無いですね。

熊対策は、熊よけ鈴を付けているだけです。
四国でも剣山山系には熊がまだ生息しているらしいので、今回も鈴を付けて歩きました。

岡山県北は熊が増えているので、注意が必要だと思います。
薄暗い早朝や夕方は、特に音を出しながら歩くことでしょうね。

四国遠征 たくや URL

2016/11/06 (Sun) 21:57:54

天気予報と相談して、一番天気が良さそうな四国に遠征。

いつも三嶺山系から眺めていた烏帽子山~矢筈山を周回するルートを歩いて来ましたが、予報は外れて曇り&ガスで展望無し。
雨には合わなかったけれど、ズボンと靴はビショになりました。

旧営林小屋の烏帽子山登山口~烏帽子山~前烏帽子~落禿~落合峠~矢筈山~石堂山~烏帽子山登山口

前夜は烏帽子山登山口にて車中泊。

写真は、一度は行ってみたかった落合峠(標高1520m)。
晴れの日にリベンジしたいルートでした。

比婆山周回 たくや URL

2016/11/02 (Wed) 18:21:36

ひろしま県民の森 公園センターから、比婆山連峰を周回して来ました。

六ノ原登山口~毛無山~烏帽子山~比婆山御陵~池ノ段~立烏帽子山~展望園地

晴れの山行を期待しましたが、曇り&ガスで展望はイマイチ。
紅葉も終盤でした。

写真は、県民の森入口。
朝方は晴れの雰囲気だったんですが・・・

蒜山縦走 たくや URL

2016/10/30 (Sun) 17:48:21

登山初心者の友人2人をガイドして、下蒜山~中蒜山を縦走して来ました。
快晴に恵まれ、暖かい一日でしたが、昨日の雨で登山道がぬかるみ、滑りやすくて歩き難い道に苦労しました。

写真は、下蒜山山頂からの展望。

蒜山は地震の影響は全く有りません。

毛無山プチ縦走 - 平井 URL

2016/10/26 (Wed) 10:40:30

たくやさんこんにちは 実に久しぶりに投稿です。
24(月)に嫁さんと 毛無山を歩きました。決め手は16日のたくやさんの登山日記。これなら尾根筋は色づいているぞ!

狙い通り ブナの林 色づいてました。

左手に大山~烏ヶ山を望みながら色づいたブナの林を楽しんできました。

Re: 毛無山プチ縦走 たくや URL

2016/10/26 (Wed) 15:20:52

平井さん こんにちは

今年は紅葉が遅いようですが、毛無山も色付き始めましたね。
白馬山からの下山道が歩き易くなっていたでしょ。

今日は比婆山に登る予定でしたが、天気が良くないので、近場の
県立森林公園をぶらぶら歩いて来ました。
こちらの紅葉は、たぶん1週間後がピークの様に感じました。
管理センターの暖炉が暖かくて・・・アサドリ茶をゆっくり頂きました。

帰りは、奥津のいつもの店で美味しい蕎麦を食べて帰りました。
地震の影響で奥津温泉の予約が軒並みキャンセルになったと聞きました。
県北に地震の影響なんて関係ないと思っていましたが、どこどこの石垣が崩れたとTVニュースで流されたのが原因では?と言われていました。
風評被害というのは怖いもんですね。

大峰山系で遭難男性、13日ぶり救助について たくや URL

2016/10/26 (Wed) 08:27:40

なぜ13日間も見つからなかったのか、なぜ13日目に登山道に現われたのか、不思議でした。
報道などで調べた範囲の情報によりますと、
男性は「今月9日、帰りの飛行機に間に合うようにと急いで下山していたが、雨が降っていて視界が悪く道に迷ってしまった。なおも急いで歩いていたら崖の下まで滑落してしまい、動けなくなった」

また、13日間どう過ごしていたかについては、「近くにあった泉のわき水を飲んで何も食べずに過ごした。その場で救助を待ったが来なかったため、登山道までなんとかはい上がり、登山者に助けられた」と説明したということです。

弥山の栃尾辻の登山道で見つかったということなので、全く反対方向に下山していたようです。
13日間も頑張ったのは凄いことですが、もっと早く登山道に這い上がっていれば、こんな事にならなかったと思うのですが・・・

問題は、よく言われる「遭難したら、その場を動かずに救助を待て」、「動かずにいたから、体力の消耗が無くて助かった」などの思い込みでしょうか。
基本的には正論でしょうが、ケースバイケースです。
今回のように滑落しても、登山道の場所が分かっているなら、何としてでも這い上がるべきです。
ましてや、全く違う方向に下山していたなら、いくら待っても見つけてもらえないでしょう。
『追記:報道によりますと、登山届を出していたが為(?)、予定コース(弥山~八経ヶ岳~下山道)を中心に捜索していたようです。』
少しでも上に上がれば携帯が通じる可能性もあります。
気を失っていたとか、全く動けない状態なら仕方ないですが、今回は肋骨骨折だけのようですから。

教わったとおり、じっと動かずにいて体が衰弱し、そのままになってしまった遭難者も多いのではないでしょうか。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.